FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル医療団が当社のバスをご利用になりました。

isuraeru[1]_convert_20110716040943

3月11日に発生しました「東北地方太平洋沖地震」で被災をされた皆様に心からお見舞い申し上げるとともに、現在も避難生活を余儀なくされておられる方々のご無事と、一刻も早い生活再建をお祈りいたします。

イスラエル外務省、国防省及び民間防衛軍は、東日本大震災が発生した後、ただちに日本国政府に対して支援を申し出、3月26日に被災地救援のため救援機2機を派遣しました。救援内容は、イスラエル民間防衛軍とイスラエル軍医療部隊から構成される50名の医療チーム、および防寒具などの物資です。

厚生労働省が特例として被災地での外国人医師の医療行為を承認したことに伴い、医療チームを日本に派遣するのは、イスラエルが最初のケースとなりました。

来日した医療チームは、宮城県栗原市に活動拠点を置き、津波により町内の医療機関が全て使用不可能な状態になるなどの甚大な被害を受けた南三陸町で仮設クリニックを開設して、4月10日に活動を終了して帰国するまでの間、負傷者および地域の避難されている方々の治療を行いました。

なお、仮設診療所およびそこで使用されていたエックス線などの医療機器の多くは、引き続き日本人医師の方々による診療で利用いただけるよう、撤退にあたって南三陸町に寄贈されました。

クリニック


医療センター看板


医療センター開所式


バスステッカー

南三陸がれき
石巻警察寮屋上の自家用車


屋上に自家用車

南三陸ビルとがれき

消防車

自衛隊炊き出し部隊

自衛隊

自衛隊トレーラー

ホテル ゴロ寝

寸胴炊き出し

行方不明受け付

ベイサイドアリーナ 避難所


MJ BUS




南三陸町HPのプレス発表資料からの引用です。


■イスラエル医療チームの撤収について

・本日の診療をもってイスラエル医療チームが撤収します。

・イスラエル医療チームについては、3月28日(月)から4月10日(日)までの期間、医療関係者等、合計で60名の方々が当地に滞在し医療支援をいただきました。

・滞在期間中(本日午前11時現在)、延べ209件の診療を行っていただきました。

・震災そして巨大津波により、医療施設のほとんどを失った本町にとって、大勢の医療スタッフと高度な医療機器による診療の提供は、町民にとってどれほどの安心を与えたか計り知れません。

・さらに、撤収にあたり、現在の医療施設及び医療機器について、このまま本町に残していっていただけるとのお計らいをいただき感謝に耐えません。

・また、イスラエル医療チームとの橋渡しをしていただいた、佐藤栗原市長にも衷心よりお礼申し上げたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 災害ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。